Tableau Desktop 基本のグラフ(6) 〜パイチャートとドーナツチャート

Tableauを利用すると、直観的なインタフェースで様々な目的に応じたグラフを描くことができます。

本ページではデータの内訳やその構成比を知ることができる円グラフとして、パイチャートドーナツチャートを紹介します。

円グラフは、

  1. 比較対象の項目が少ない
  2. 比較対象の値の差が大きい

場合に適したグラフと言われています。
もしそれらを満たさない場合には、比較しやすい棒グラフや線グラフを利用したほうが無難と言えるでしょう。

YouTubeでも紹介していますのでこちらも是非ご視聴ください。

スポンサーリンク

パイチャート

実際にスーパーストアの注文データを利用して、パイチャートを作成してみます。

やってみよう!

顧客区分の売上総計に占める割合をパイチャートで見てみましょう。

【完成図】
以下のようなVizを作成します。

本VizはTableau Publicに上げています。

【作成方法】

  1. 最初にセグメントから表示します。
    今回は顧客区分別に表示するので、データペインの「顧客区分」をマークの色にドラッグ&ドロップします。
  2. マークのタイプを「円グラフ」に設定します。

    セグメント別に均等な割合のパイチャートになります。
  3. 次に各セグメントの割合を計算します。
    今回は売上の比率を表示したいので、データペインの「売上」をマークの詳細にドラッグ&ドロップします。

    マークの「売上」を右クリックしてリストから「簡易表計算」「合計に対する割合」を選択します。

    マークの「売上」を角度にドラッグ&ドロップします。

    以下のようにセグメントが売上の比率に応じた表示になります。
  4. チャートにラベルを表示します。
    ⌘(Ctrl)キーを押しながら、マークの「顧客区分」と「売上」をラベルにドラッグ&ドロップします。

    チャートに各セグメントの名称と比率が表示されます。
  5. チャートのセグメントを比率の大きい順に並べ替えます。
    マークの「顧客区分」を右クリックして、リストから「並べ替え」を選択します。

    売上順に降順に並べ替えるように設定します。

    パイチャートが完成です!

    「消費者」が売上の半数を占めていることがひと目で分かります。
point

ここではまずマークの「詳細」に入れて比率を計算してから、「角度」に入れ直しています。

円グラフを拡大表示したい場合は、ビューの円グラフの周辺でアイコンが両矢印「↔︎」に変わるところを探します。両矢印に変わったら、広げたい方向にマウスを移動させます。キーで操作する場合は、「⌘」と「control」を押しながら矢印キーで調整します。

ドーナツチャート

パイチャートと同様の目的で利用するドーナツチャートも併せて紹介します。
実際にスーパーストアの注文データを利用して作成してみます。

やってみよう!

顧客区分の内訳と中央に売上総計を表示するドーナツチャートを作成してみましょう。

【完成図】
以下のようなVizを作成します。

本VizはTableau Publicに上げています。

【ポイント】
要点は
① パイチャートを作成して複製を作成
② 片方をドーナツの中心円に変更
③ サイズを調整してふたつのチャートを重ねて表示
になります。

【作成方法】

  1. まずは顧客区分の売上総計に占める割合を表すパイチャートを作成します。
    やり方はパイチャートを参照ください。
  2. 作成したパイチャートを複製します。
    行をダブルクリックして「AVG(0)」を作成します。

    ⌘(Ctrl)キーを押しながら作成したピルを右側にドラッグ&ドロップします。

    パイチャートが複製され2つになりました。
  3. 片方のパイチャートを中心の売上表示用の円に変更していきます。
    マークで片方のパイチャートを選択して、タイプを「円」に設定します。

    一旦マークに入っているディメンションやメジャーを一旦すべてドロップアウトしてクリアにしてから、データペインの「売上」をマークのラベルにドラッグ&ドロップします。

    マークのラベルをクリックして編集します。

    マークの色をクリックして白に設定します。

    白い円の中央に売上が表示されます。
  4. 最後にふたつのチャートを重ねます。
    行の片方のピルを右クリックして、リストのから「二重軸」を選択します。

    縦軸を右クリックして、リストから「軸の同期」を選択します。

    円グラフの方のマークのサイズをクリックして、バーを右側にスライドさせてサイズを拡大します。
  5. 最後に外見を整えます。
    縦軸を右クリックして「ヘッダーの表示」のチェックを外します。

    書式設定でゼロラインを「なし」に設定します。

    完成しました!

本ページではデータの内訳やその構成比を知ることができる円グラフを紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました