関数を利用した集計

データから有用な情報を引出すBIツールのひとつTableauの様々な使い方を紹介しています。

Tableauでは様々な計算が関数として標準で用意されているので、それらを利用して集計をすることができます。

本シリーズでは、Tableauの標準の関数の中からよく利用する以下の関数をピックアップして紹介します。

関数を利用した集計

Tableau Desktop 使い方 関数(6) 〜表計算関数

Tableauの表計算関数の中からよく利用するLOOKUP、RANK、RUNNING関数、WINDOW関数を紹介します。
関数を利用した集計

Tableau Desktop 使い方 関数(5) 〜集計関数

Tableauの集計関数の中からよく利用するSUM、AVG、COUNT、COUNTD、ATTRを紹介します。
関数を利用した集計

Tableau Desktop 使い方 関数(4) 〜論理関数

Tableauの論理関数の中からよく利用するIF、CASE、AND、OR、ZN関数を紹介します。
関数を利用した集計

Tableau Desktop 使い方 関数(3) 〜日付関数

Tableauの日付関数の中からよく利用するYEAR、DATENAME、DATETRUNC、DATEDIFF、MAKEDATETIME関数を紹介します。
関数を利用した集計

Tableau Desktop 使い方 関数(2) 〜文字列関数

Tableauの文字列関数の中からよく利用するCONTAINS、FIND、LEFT、REPLACE、SPLIT、TRIM関数を紹介します。
関数を利用した集計

Tableau Desktop 使い方 関数(1) 〜数値関数

Tableauの数値関数の中からよく利用するMAX、MIN、ROUND関数を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました