地図上にデータを表示

データから有用な情報を引出すBIツールのひとつTableauの様々な使い方を紹介しています。

Tableauの強力なマッピング機能を利用すると、データの集計値が表示された魅力的な地図を容易に作成することができます。

本シリーズでは、シンプルなものから手の込んだものまで様々なマップの作り方緯度経度空間ファイルからマッピング、背景スタイル等の設定方法を紹介します。

地図上にデータを表示

Tableau Desktop 使い方 マップ(10) 〜台風の進路を表示したフローマップ

フローマップあるいはパスマップと呼ばれる対象の軌跡を表示するマップを作成する方法を紹介します。
地図上にデータを表示

Tableau Desktop 使い方 マップ(9) 〜ポイント分布マップとヒート(密度)マップ

データの分布を表すポイント分布マップとヒート(密度)マップを作成する方法を紹介します。
地図上にデータを表示

Tableau Desktop 使い方 マップ(8) 〜ヘックスタイルマップ

6角形のタイルを敷き詰めて地形を表現し、データの集計値をタイル上に表示するヘックスタイルマップ(hex tile map)を紹介します。
地図上にデータを表示

Tableau Desktop 使い方 マップ(6) 〜地図のスタイルを変更、Mapboxの利用

地図のスタイルを変更する方法を紹介します。
地図上にデータを表示

Tableau Desktop 使い方 マップ(5) 〜地図上の領域をグルーピング

地図を独自の領域にグルーピングして分析する方法を紹介します。
地図上にデータを表示

Tableau Desktop 使い方 マップ(4) 〜レイヤーマップ

ある地理的データの集計結果をもう一方の地理的データの集計結果に地図上で重ねて表示する「レイヤーマップ」を紹介します。
地図上にデータを表示

Tableau Desktop 使い方 マップ(3) 〜緯度経度情報からのマップ作成

緯度経度情報を利用して地図上にデータをマッピングする方法を紹介します。
地図上にデータを表示

Tableau Desktop 使い方 マップ(2) 〜空間ファイルを利用した色塗りマップ

空間ファイルを読み込んで色塗りマップを作成する方法を紹介します。
地図上にデータを表示

Tableau Desktop 使い方 地図(1) 〜比例シンボルマップとコロプレス(色塗り)マップ

基本の比例シンボルマップとコロプレス(色塗り)マップを作成する方法を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました