Tableau Desktop 使い方 データ接続(1) 〜ファイル、サーバーへの接続

Tableauではローカルのファイルだけでなく、サーバに存在する数多くのデータベースに接続して必要なデータを抽出することができます。

本ページではTableau Desktopで接続可能なファイルサーバ上のデータソースを紹介します。

接続先は大きく(1)ファイル、(2)サーバ上のデータソース、(3)保存されたデータソースの3種類に分けられます。
以下ではそれぞれの接続を順に紹介します。

接続方法については動画でも紹介していますので、そちらを以下をご覧ください。

スポンサーリンク

ファイルへの接続

Tableauでは様々な形式のファイルに接続できます。

接続方法は、Tableau Desktopを開いて接続ペインの「ファイルへ」から接続したいファイルの種類に応じてリンクをクリックします。

「Microsoft Excel」を選択するとエクセルのファイルにアクセスできます。
「テキスト ファイル」を選択すると、テキスト形式(.txt)、カンマ区切り形式(.csv)やタブ区切り形式(.tsv)等のファイルにアクセスできます。
他にも「統計ファイル」を選択するとSASやSPSS、R等の統計ソフトのファイルにもアクセスできます。

「空間ファイル」を選択するとはシェープファイルやgeojson等様々な地理情報関連ファイルにもアクセスできます。

サーバーへの接続

Tableauではサーバー上の多様なデータベースやデータソースにアクセスできます。

Tableau Desktopを開いて接続ペインの「サーバーへ」の中の「その他」をクリックすると、Tableauがサポートするコネクタの一覧が表示されます。

ざっとみた限りでは、世の中でよく利用されているデータソースはほぼ網羅されている気がします。

ちなみにpublic版のTableau Desktopでは、以下のような一覧が表示されます。

サーバーの接続先がだいぶ限定されていることがわかります。

Tableau Desktopで接続可能なデータソースの一覧はサポートするコネクタでも確認することができます。

データソースへの接続

Tableauのデータソース形式で保存されたデータに接続することもできます。

Tableau Desktopを開いて接続ペインの「保存されたデータソース」から接続したいデータの種類に応じてリンクをクリックします。

アクセスできるのはデータソース形式(.tds)で保存されたファイルです。
インストール時は、Macの場合、「マイ Tableau レポジトリ > データソース > [バージョン番号] > ja_JP-Japan」にデータソースファイルがいくつか存在します。

本ページではTableau Desktopで接続可能なファイルやサーバ上のデータソースを紹介しました。

次ページでは、サーバにPostgreSQLをインストールしてサンプルデータを格納し、Tableau Desktopから接続する方法を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました