Tableau Desktop 使い方 LOD 〜INCLUDEの基本を解説

Tableauには集計の単位を設定するためのLODと呼ばれる高度な集計機能が用意されています。

本ページでは、3種類のLOD(FIXED、INCLUDE、EXCLUDE)のうちINCLUDEに関して基本的な考え方と構文、動作例を紹介します。

スポンサーリンク

基本的な考え方

INCLUDEは集計したいレベルでテーブルを作成して集計することができます。
例えば注文毎に揃えられたデータを利用して、新たに顧客毎あるいは地域毎、製品毎に集計したい場合に利用します。

そうだとするとFIXEDと同じに見えますが、同じではありません。
ではFIXEDとはどこが違うのでしょうか?

FIXEDと違う点は、集計のレベルの範囲です。
FIXEDは集計のレベルを指定したレベルに限定するのに対して、INCLUDEはViz内のレベルに指定したレベルを含めるという点が異なります。

FIXEDの基本は下記のページで解説しています。

以下では、INCLUDEの記述方法とFIXEDとの違いを比較した動作例を紹介します。

記述方法

INCLUDEは次のように記述します。

{INCLUDE <フィールド名> : <集計式>}

INCLUDEはViz内の詳細レベルに加えて、<フィールド名>にて指定したレベルも使用して計算します。指定するフィールド名が複数ある場合は、<フィールド名>にコンマで区切って指定します。

例えば「地域」別に集計されたVizに「各地域のカテゴリ別の売上合計」を入れたい場合には、
{INCLUDE [カテゴリ]: SUM([売上])}
と書きます。
あるいは「カテゴリ」別に集計されたVizに「各カテゴリにおける顧客区分毎の売上平均」も追加したい場合には、
{INCLUDE [顧客区分]: AVG([売上])}
と書きます。

動作例

スーパーストアのデータを利用して簡単な例を見ていきましょう。

やってみよう!

各地域のカテゴリ別売上平均を表す表にINCLUDEとFIXEDを導入して結果を比較してみましょう。

まずはINCLUDEの計算式を作成します。
「カテゴリ」をレベルに指定して売上平均を計算する式を定義して、「IN_カテゴリの売上平均」という名称で作成します。

地域毎の売上平均の表に上記の計算式を追加してみます。
データペインの「地域」を行、「メジャーネーム」を列、「メジャーバリュー」をマークのテキストにそれぞれドラッグ&ドロップします。

メジャーバリューを売上とINCLUDEの計算式の2つに絞り込んで表をシンプルにします。

INCLUDEの集計結果は、表の集計軸である「地域」にさらに「カテゴリ」を加えた各地域のカテゴリ別売上平均の合計値になっています。

では今度は「カテゴリ」を列に追加してみましょう。

すると今度はカテゴリ内で左右の数値が一致しました。
左側の平均売上(AVG([売上]))は、表の集計軸が「地域」と「カテゴリ」になったため各地域のカテゴリ別売上平均を計算するように変更されました。また右側のINCLUDE文は、表の集計軸に「カテゴリ」が追加されることによって以前の各地域のカテゴリ別売上平均の合計値から各地域のカテゴリ別売上平均に変わりました。このようにして左右の数値が一致したわけです。

FIXEDの計算結果とも比較してみましょう。
「カテゴリ」をレベルに指定して売上平均を計算する式を定義して、「FX_カテゴリの売上平均」を作成します。

そして作成した指揮をメジャーバリューにドラッグ&ドロップします。

FIXEDの計算結果は各カテゴリ内では同一の値になっていることが分かります。FIXEDではViz内のレベルに関係なく指定したレベルで計算されるので、表の集計軸の「地域」は無視され指定した「カテゴリ」別に売上平均が集計されるためです。

POINT

Viz内のディメンションにさらにディメンションを追加して、より細かい粒度で分析したい場合にINCLUDEが役立ちます。

本ページでは、INCLUDEに関して基本的な考え方と構文、動作例を紹介しました。

INCLUDEの応用例を以下のページで紹介していますので併せてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました