Tableau Desktop 使い方 LOD 〜EXCLUDEの基本を解説

Tableauには集計の単位を設定するためのLODと呼ばれる高度な集計機能が用意されています。

本ページでは、3種類のLOD(FIXED、INCLUDE、EXCLUDE)のうちEXCLUDEに関して基本的な考え方と構文、動作例を紹介します。

スポンサーリンク

基本的な考え方

EXCLUDEは集計したいレベルでテーブルを作成して集計するLODのひとつですが、INCLUDEと逆の動作をします。
INCLUDEがビューのレベルに指定したレベルを含めるのに対して、EXCLUDEはビューのレベルから指定したレベルを除外します。

INCLUDEの基本は下記のページで解説しています。

以下ではEXCLUDEの記述方法と具体的な動作例を紹介します。

記述方法

EXCLUDEは次のように記述します。

{EXCLUDE <フィールド名>: <集計式>}

EXCLUDEはViz内の詳細レベルから<フィールド名>にて指定したレベルを除外して計算します。指定するフィールド名が複数ある場合は、<フィールド名>にコンマで区切って指定します。

例えば各地域のカテゴリ毎の売上を表すVizから「カテゴリ」を除外して各地域の売上合計を表示したい場合は
{EXCLUDE [カテゴリ]: SUM([売上])}
と書きます。

動作例

スーパーストアのデータを利用して簡単な例を見ていきましょう。

やってみよう!

各地域のカテゴリ毎の売上を表す表にEXCLUDEを導入してみましょう。

まずはEXCLUDEの計算式を作成します。
「カテゴリ」をレベルに指定して売上合計を計算する式を定義して、「EX_カテゴリ除外売上」という名称で保存します。

もう一つ「地域」をレベルに指定して売上合計を計算する式を定義して、「EX_地域除外売上」という名称で保存します。

各地域のカテゴリ毎の売上を表す表に計算式を追加してみます。
データペインの「地域」を行、「カテゴリ」「メジャーネーム」を列、「メジャーバリュー」をマークのテキストにそれぞれドラッグ&ドロップします。

メジャーバリューを売上とEXCLUDEの計算式2件に絞り込んで表をシンプルにします。

作成された表の数値を見てみます。
「EX_カテゴリ除外売上」の値はカテゴリが違っても同じ地域であれば値が一致していることが分かります。

表のレベルは「地域」と「カテゴリ」ですが、EXCLUDEは指定した「カテゴリ」を除外して「地域」のみで集計するため、各地域の売上合計が表示されるためです。
一方「EX_地域除外売上」の値は地域が異なっていても同一のカテゴリであれば値が一致していることが分かります。

表のレベルは「地域」と「カテゴリ」ですが、EXCLUDEは指定した「地域」を除外して「カテゴリ」のみで集計するため、各カテゴリの売上合計が表示されているわけです。

POINT

Viz内のディメンションを除外したより粗い粒度で分析したい場合にEXCLUDEは役に立ちます。

本ページではEXCLUDEの基本的な考え方と構文、動作例を紹介しました。

EXCLUDEの応用例を以下のページで紹介していますので併せてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました