Tableau Desktop 使い方 FIXED(3) 〜よくある利用例 新規顧客数の分析

Tableauには集計の単位を設定するためのLODと呼ばれる高度な集計機能が用意されています。

本ページでは、FIXEDの応用例として新規顧客数の分析を紹介します。

マーケティングや営業活動において新たに顧客を獲得し市場を広げたい場合には、新規顧客数が重要な指標のひとつになります。新規顧客の購買特徴に関する分析もFIXEDを用いれば簡単に実現できます。

スーパーストアのデータを利用した例題をみていきましょう。

やってみよう!

各地域における新規顧客数の日々の累計をグラフで表示してみましょう。

【完成イメージ】
以下のようなVizを作成します。
Tableauで作成した地域別にみる累積新規注文者数の推移
縦軸が新規顧客数、横軸が日付を表し、地域毎に累計新規顧客数の推移を表すグラフが描かれています。
こちらのVizはTableau Publicからダウンロードできます。

【作り方】
今回求めたい「新規顧客数」はどのように集計したらよいでしょうか?

各注文が顧客の初めての注文か2回目以降の注文かを判定できれば、「新規顧客数」をカウントすることができそうです。

顧客にとっての初めての注文日は顧客毎に集計する必要がありますが、実はこれもFIXEDを利用すると容易にできます!
やってみましょう。

まずは顧客毎に注文の中で最も古い日付の注文(初回購入日)を特定します。
顧客毎に「オーダー日」の最小値を求める式を定義して、「FIXED 初回購入日」という名称で保存します。
注文日の最小値を求めるFIXEDを用いた計算式
念のため、作成した式が正しく計算しているかどうか結果を表示して確認します。
Tableauで作成された顧客毎の注文日と初回注文日
顧客毎に最も古い日付が得られているので大丈夫そうです。

初回購入日が特定できたので、すべての注文が初めての注文か2回目以降の注文かを示すフィールドを作成します。
注文日が初回購入日であればその注文は初めての注文と考えられるので、「オーダー日」と比較した判定式を定義して、「新規or既存」という名称で保存します。
注文が新規か既存かを判定する計算フィールド
正しい計算になっているのかどうか確認します。
注文が新規か既存かを判定する計算式の結果確認
たしかに最も古い日付の注文が「新規」と判定されています。

準備ができたのでVizを作成していきます。
データペインの「オーダー日」を列、「顧客Id」を行にドラッグ&ドロップします。
データが多いため警告が出ますが、「全てのメンバーを追加」をクリックして続行します。
Tableauで顧客Idと注文日を行と列にドラッグ&ドロップ
行の「顧客Id」を右クリックして現れるリストから「メジャー」-「カウント(個別)」を選択します。
Tableauで顧客Idをカウント(個別)に設定
縦軸がユニークな顧客数になりました。
Tableauで日付と顧客数の線グラフを作成

この段階では、日々の顧客数をカウントしたグラフが描かれています。
今回は新規顧客数のみのカウントにしたいので、データペインの「新規or既存」をフィルターにドラッグ&ドロップして、設定ウィンドウで「新規」にチェックを入れます。
Tableauで新規or既存判定する計算フィールドをフィルターに設定
さらに、グラフを新規顧客数の累積数にしたいので、行の「個別カウント(顧客Id)」を右クリックしてリストから「簡易表計算」-「累計」を選択します。
Tableauでカウントを累計に設定
以下のように新規顧客の累積の値が表示されました。
Tableauで累計新規注文者数のグラフを作成

最後に地域別のグラフにします。
データペインの「地域」をマークの色にドラッグ&ドロップします。
Tableauで地域別の色分けするための設定
完成しました。
Tableauで作成した地域別にみる累積新規注文者数の推移
「九州地方」では、2017年10月ぐらいからグラフがほぼ横ばいになっているので新規顧客数が伸び悩んでいることが分かります。

本ページでは、FIXEDの応用例として新規顧客数の分析例を紹介しました。
こちらのVizはTableau Publicからダウンロードできます。

FIXEDを利用した他の応用例も併せてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました