Tableau Desktop 使い方 表計算(1) 〜シンプルな数値の表を作成

Tableauではデータの表形式での表示や集計も直感的に操作することができます。

本ページでは、単一メジャー複数メジャーを作成する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ひとつのメジャーの表

最もシンプルに表の中に単一のメジャーの値を表示します。
実際にスーパーストアの注文データを利用して、表を作成してみたいと思います。

やってみよう!

年度毎にカテゴリの売上を表示する表を作成してみましょう。

  1. データペインから「カテゴリ」を行、「オーダー日」を列にドラッグ&ドロップします。
  2. データペインの「売上」を表の中にドラッグ&ドロップします。
  3. 表が作成されました。

行と列をそれぞれ設定した後、表示させたい値のメジャーを表の中にドラッグ&ドロップすれば完成です。

表に行列の合計値を入れることもできます。
メニューの「分析」-「合計」から「行の総計を表示」「列の総計を表示」にチェックを入れます。

するとそれぞれ行と列の合計値が表示されるようになります。

複数メジャーの表

複数メジャーの値を表の中の表示することもできます。
以下では、比較する複数のメジャーがに並んだ表とに並んだ表を作成してみます。

やってみよう!

年度毎にカテゴリの売上と利益、数量を表示する表を作成してみましょう。

縦に複数のメジャーを並べる場合

  1. データペインから「カテゴリ」を行、「オーダー日」を列にドラッグ&ドロップします。
  2. データペインの「メジャーネーム」を行、「メジャーバリュー」をマークのテキストにドラッグ&ドロップします。
  3. メジャーバリューに「売上」「利益」「数量」のみが残るように、それ以外はドロップアウトします。
  4. メジャーの「売上」「利益」「数量」が縦に並んだ表が作成されました。
    Tableauで複数メジャーを縦に並べた表の作成

メジャーバリューの順番を入れ替えると表の表示順も変わります。
上の例で、試しに「売上」をマウスでドラッグ&ドロップして一番上に持ってくると、以下のようになります。

横に複数のメジャーを並べる場合

  1. データペインから「カテゴリ」を行、「オーダー日」を列にドラッグ&ドロップします。
  2. データペインの「メジャーネーム」を列、「メジャーバリュー」をマークのテキストにドラッグ&ドロップします。
  3. メジャーバリューに「利益」「売上」「数量」のみが残るように、それ以外はドロップアウトします。
  4. メジャーの「売上」「利益」「数量」が横に並んだ表が作成されました。

「メジャーネーム」をにドラッグ&ドロップすればに、にドラッグ&ドロップすればに複数メジャーが並ぶ表になります。

本ページでは、単一のメジャーの表と複数メジャーの表を作成する方法を紹介しました。

次ページでは、Tableauの簡易表計算でよく使うと思われる差、変化率、累計、全体に対する割合を計算する方法紹介します。

タイトルとURLをコピーしました