Tableau Desktop 使い方 パラメーター(5) 〜ヒストグラムのビンサイズを探索

Tableauではセットやパラメータ、フィルターやハイライトなどのアクション機能を利用して、ユーザが指定した条件で表示内容を切り替えるインタラクティブなビューを作ることが可能です。

本ページでは、パラメーターを利用して、ユーザがヒストグラムのビンサイズ(幅)を探索できるチャートの作成方法を紹介します。

Tableauでヒストグラムを作る方法を知りたい方は以下のページをご覧ください。

スーパーストアのデータを利用して、実際に作成してみます。

やってみよう

利益の範囲とその注文数を示すヒストグラムにおいて、パラメーターでビンサイズを変更できるようにしてみましょう。

【完成図】
以下のようなVizを作成します。

パラメーターの値に応じてヒストグラムが変わるようになっています。

【作成方法】

作成の手順は、

  1. パラメーターの作成
  2. ビンの作成
  3. ヒストグラムの作成

になります。
ひとつずつ進めていきます。

  1. パラメーターを作成します。
    データペインの「利益」を右クリックしてリストから「作成」-「パラメーター」を選択します。

    データ型は「整数」、現在の値は「10000」、許容値は「範囲」、値の範囲は最小値を「1」最大値を「30000」に設定します。

    この設定では、パラメーターにはデフォルトで「10,000」を表示して、1から最大3万まで変更できるように設定しています。
    作成されたパラメーターを表示させます。
  2. 次に利益のビンを作成します。
    データペインの「利益」を右クリックしてリストから「作成」-「ビン」を選択します。

    ビンのサイズを作成したパラメーターに設定します。

    これでパラメーターの値がビンのサイズに反映されるようになります。
  3. 準備ができたのでヒストグラムを作成します。
    データペインの「注文(カウント)」を行、作成したビンを列にドラッグ&ドロップします。

    列の「利益(ビン)」は連続に設定しておきます。

    ヒストグラムが完成しました。

【動作確認】
作成したパラメーターが正しく動作するのかどうか確認してみます。

パラメーターのスライダーを左に動かしてビンのサイズを1000程度に狭めてみます。

するとヒストグラムの幅も狭まって表示されました。

利益が1万円以下の注文が圧倒的に多いことがわかります。

本ページでは、パラメーターを利用して、ユーザがヒストグラムのビンサイズ(幅)を探索できるチャートの作成方法を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました