Tableau Desktop 使い方 インタラクション(3) 〜パラメータでハイライト、選択グラフを強調

Tableauではセットやパラメータ、フィルターやハイライトなどのアクション機能を利用して、ユーザが指定した条件で表示内容を切り替えるインタラクティブなビューを作ることが可能です。

本ページでは、パラメーターを利用してグラフの一部をハイライトすることによって、強調して表示する方法を紹介します。

スーパーストアのデータを利用して、実際に作成してみます。

サブカテゴリ毎に月間売上の推移が表示されたVizで、パラメーターでサブカテゴリを指定すると該当するグラフがハイライトされるようにしてみましょう。

【完成図】
以下のようなVizを作成します。
Tableauでパラメーターでハイライト表示
右上のパラメーターで選択されたサブカテゴリのグラフがオレンジ色でハイライトされる仕組みになっています。

Vizの作成

作成の手順は、

  1. パラメータの作成
  2. 計算フィールドの作成
  3. グラフの描画と設定

になります。
ひとつずつ進めていきます。

1. パラメータの作成
データペインを右クリックして「パラメータの作成」を選択します。
Tableauでパラメーターの作成
パラメーターでサブカテゴリを選択すると、その名称が文字列として返されるように設定します。
以下のように、「データ型」は「文字列」、「許容値」は「リスト」、「値のリスト」は「値の追加」から「サブカテゴリ」を選択して設定します。
Tableauでパラメーターの設定
返り値として設定した文字列は、後に作成する計算フィールドでハイライトするグラフの決定に利用されます。
「サブカテゴリの選択」という名前でOKボタンを押すとパラメータが作成されました。
Tableauでパラメーターの作成確認

2. 計算フィールドの作成
データペインで右クリックしてリストから「計算フィールドの作成」を選択します。
Tableauで計算フィールドの作成
パラメーターで選択された項目とサブカテゴリ名が一致すれば「True」を返す論理式を計算フィールドを作成して、「ハイライトサブカテゴリ」という名前でOKボタンを押します。
Tableauで計算式の定義

3. グラフの描画と設定
まずはグラフを描きます。
「列」に「オーダー日」、「行」に「売上」、「マーク」-「詳細」に「サブカテゴリ」をドラッグ&ドロップします。列の「オーダー日」は「連続」の「月」に、「マーク」-「タイプ」は「線」に設定します。
TableauでVizの作成
月間売上合計の線グラフがサブカテゴリ毎に作成されました。

次はパラメータを表示します。
作成したパラメーター「サブカテゴリの選択」を右クリックして「パラメーターの表示」を選択します。
Tableauでパラメーターの表示
さらに作成した計算フィールド「ハイライトサブカテゴリ」を「マーク」-「色」にドラッグ&ドロップします。
Tableauでパラメーターでハイライト表示の設定
以下のようにパラメーターが出現しました。
Tableauでパラメーターでハイライト表示
現在のパラメーターの値「電話機」の売上を示すグラフがオレンジ色にハイライトされています。

動作確認

作成したパラメーターが正しく動作するのかどうか確認してみます。
「サブカテゴリの選択」からリストをプルダウンして、「コピー機」を選択してみます。
Tableauでパラメーターから選択
すると該当するグラフにハイライトされるようになりました。
Tableauでパラメーターでハイライト表示
正しく作成できました。

サブカテゴリで色分けする方法もありますが、種類が多いので色が多くなり過ぎてしまいます。その点パラメーターによるハイライトは色数が少なく注目箇所に自然と眼がいく表示になります。

本ページでは、パラメーターを利用してグラフの一部をハイライトすることによって、強調して表示する方法を紹介しました。

次ページでは、パラメーターを利用して表示するグラフを切替える方法を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました