Tableau Desktop 使い方 マップ(4) 〜レイヤーマップ

Tableauの強力なマッピング機能を利用すると、地図上にデータが表示された魅力的な地図を容易に作成することができます。

本ページでは、ある地理的データの集計結果をもう一方の地理的データの集計結果に地図上で重ねて表示する「レイヤーマップ」を紹介します。

スポンサーリンク

レイヤーマップの作成

スーパーストアのデータを利用して、

  1. シンボルと色塗りの両方で集計値を表現するレイヤーマップ
  2. パイチャートで地域毎に構成比を表現するレイヤーマップ

を作成する方法を紹介します。

色塗りとシンボルのレイヤーマップ

色塗りとシンボルの両方で集計値を表現することができるレイヤーマップです。
伝えたい情報量がより多くなります。

やってみよう!

都道府県別売上を色塗り、市区町村別利益をシンボルで表示したレイヤーマップを作成してみましょう。

【完成図】
以下のようなVizを作成します。
Tableauでシンボルと色塗りのレイヤーマップ

作り方は大きく、

マッピングの手順
  • 手順1
    コロプレス(色塗り)マップを作成
  • 手順2
    比例シンボルマップを作成
  • 手順3
    ふたつのマップを重ねて表示

という流れになります。

1. コロプレスマップを作成

始めに都道府県別の売上を表すコロプレスマップから作成します。
フィールド「都道府県」に地理的役割を与え、ダブルクリックします。すると、ビューに地図が表示されます。
Tableauでスーパーストアを読み込み都道府県毎にデータをプロット
マークのタイプを「マップ」に変更して、データペインの「売上」をマークの色にドラッグ&ドロップします。
Tableauで作成された都道府県別の売上を表す色塗りマップ
都道府県が売上に応じて色分けされたマップができました。

2. 比例シンボルマップを作成

次に市区町村別に利益の比例シンボルマップを作成していきます。

行の「緯度」を⌘キー(WindowsではCtrl)を押しながら右側にドラッグ&ドロップします。
するとビューに同じ地図がもう1つ作成されます。
Tableauで作成された色塗りマップのコピーコピーされた色塗りマップを比例シンボルマップに変更します。
マークの一番下のタブ「緯度 (生成) (2)」をクリックして開き、「都道府県」と「合計(売上)」をマークの外にドロップアウトします。

そして新たにデータペインの「市区町村」をマークの詳細、「利益」をマークのサイズにドラッグ&ドロップします。さらにマークのタイプを「自動」に設定します。
以下のようになります。
Tableauで詳細レベルを「市区町村」に変更
シンボルの色を目立つ色に変えたいので、マークの色をクリックしてオレンジに選択します。
Tableauのデータプロットの色を変更
以下のように、下側の地図が市区町村別利益の比例シンボルマップに変更されます。
Tableauで色塗りマップとシンボルマップを作成

色塗りマップと比例シンボルマップに関しては、別ページでも紹介していますので是非ご覧ください。

3. 2つのマップを重ねて表示

最後に作成したマップを重ねます。
やり方は簡単です。
行の右側にある「緯度」を右クリックして「二重軸」を選択します。
Tableauでマップの二重軸作成
完成しました!
Tableauでシンボルと色塗りのレイヤーマップ
東京や大阪、福岡などの都心が売上が大きく、かつ利益の多い市区町村が多数あることが分かります。

色塗りとパイチャートのレイヤーマップ

パイチャートが地図上にプロットされたレイヤーマップを作成することもできます。
プロットされた地域におけるデータの内訳やその構成比を分かりやすく表示することが可能です。

やってみよう!

都道府県別売上を色塗り、都道府県別売上におけるカテゴリ構成比をパイチャートで表示したレイヤーマップを作成してみましょう。

【完成図】
以下のようなVizを作成します。
Tableauで色塗りとパイチャートのレイヤーマップ

作り方は大きく、

マッピングの手順
  • 手順1
    コロプレス(色塗り)マップを作成
  • 手順2
    ふたつのマップを重ねて表示
  • 手順3
    片方の地図のシンボルをパイチャートに変更

という流れになります。

1. コロプレスマップを作成

始めに都道府県別の売上を表すコロプレスマップから作成します。
フィールド「都道府県」に地理的役割を与え、ダブルクリックします。すると、ビューに地図が表示されます。
Tableauでスーパーストアを読み込みビューにマップ表示マークのタイプを「マップ」に変更して、データペインの「売上」をマークの色にドラッグ&ドロップします。
Tableauで作成された都道府県別の売上を表す色塗りマップ
都道府県の売上に応じて色分けされたマップができました。

2.ふたつのマップを重ねて表示

次に作成した色塗りマップをコピーして重ねます。

行の「緯度」を⌘キー(WindowsではCtrl)を押しながら右側にドラッグ&ドロップします。
するとビューに同じ地図がもうひとつ作成されます。

行の右側にある「緯度」を右クリックして「二重軸」を選択します。

2つのマップが重なりました。

全く同じマップを重ねたので外見は変化がありません。

3.片方の地図のシンボルをパイチャートに変更

重ねた片方のマップのシンボルをパイチャートに変更します。

マークのタブ「緯度 (生成) 」あるいは「緯度 (生成) (2)」のどちらかを選んで開き、マークのタイプを「円グラフ」に設定します。

マップ上にパイチャートがプロットされまます。


売上に占めるカテゴリの内訳を表すパイチャートにしたいので、データペインの「カテゴリ」をマークの色、「売上」をマークの角度にドラッグ&ドロップします。

できました!
Tableauで色塗りとパイチャートのレイヤーマップ
大阪府で売上が多く、熊本県で家電の割合が高いことが分かります。

本ページでは、ある地理的データの集計結果をもう一方の地理的データの集計結果の上に地図上で重ねて表示する二重軸の「レイヤーマップ」を紹介しました。

次ページでは地図を独自の領域にグルーピングして分析する方法を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました