Tableau Desktop 使い方 ダッシュボード(8) 〜二重フィルターで絞り込み対象をポップ表示

Tableauでは様々なデータを同時に比較することができるダッシュボードを簡単に作成することができます。

本ページでは、ダッシュボードで動作するフィルターアクション複数利用して、絞り込んだグラフのみを特出しで表示する方法を紹介します。

絞り込み対象のグラフを特出しにすることによって大きく表示することができるので、サイズが小さいモバイル端末でもより見やすいダッシュボードを作成することができるようになります。

実際にスーパーストアの例で見ていきます。

やってみよう!

以下のように都道府県別売上のシート(上)とカテゴリ別月次売上のシート(下)で構成されるダッシュボードがあるとします。

上シートである棒グラフ(都道府県)を選択した際にその棒グラフだけが表示され、さらに絞り込んだ結果が下シートに反映されるようにします。

ここでは以下の2種類の動作が含まれています。
(1). 上シートの絞り込み結果を下シートにも反映
(2). 上シートで絞り込んだグラフのみを特出しで表示
それらの動作のために2つのフィルターを設定する必要があります。

本例題のダッシュボードはTableau Publicにも上げています。

【作成方法】

  1. まずはひとつ目の上シートの絞り込み結果を下シートにも反映するためのフィルターの設定です。
    上シートのロート型アイコン(フィルターとして使用)をクリックします。

    これで上シートの絞り込み結果が下シートにも反映されるようになります。
  2. 次はふたつ目の上シートで絞り込んだグラフのみを特出しで表示するためのフィルターの設定です。
    Tableauのメニューから「ダッシュボード」-「アクション」を選択します。
    Tableauのメニューからアクションを選択
    「アクションを追加」ボタンを押し、「フィルター」を選択します。

    編集画面でフィルターの条件を指定します。
    今回はソースシートにはダッシュボードの「都道府県別売上」のシート、ターゲットシートにも同じく「都道府県別売上」のシートを選択します。アクション実行対象は「選択」を指定します。
    「選択したフィールド」にチェックを入れて、フィールドに「都道府県」を選択します。

    これで完了です。
    本例題のダッシュボードはTableau Publicにも上げています。

【動作確認】

実際に動作を確認してみます。
何も選択していないダッシュボードは以下になります。

ここで「愛知県」の棒グラフをクリックしてみます。
すると以下のようになります。
Tableauで二重フィルターを利用した絞り込み対象の表示
マウスをドラッグして5つの都道府県を選択することもできます。

本ページでは、ダッシュボードで動作するフィルターアクションを複数利用して、絞り込んだグラフのみを特出しで表示する方法を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました