Tableau Desktop 使い方 ダッシュボード(5) 〜ハイライトアクション

Tableauでは様々なデータを同時に比較することができるダッシュボードを簡単に作成することができます。

本ページでは、Tableauのダッシュボードで動作するアクション機能のひとつハイライトアクションに関して、使い方と設定方法を紹介します。

ダッシュボード上のハイライトアクションを利用すると、複数シートで共通する項目をハイライトすることができます。
以下では
(1) グラフ選択によるハイライト
(2) 凡例を利用したハイライト
(3) マウス操作で複数シートの連動ハイライト
を設定する方法を紹介します。
(1)と(2)はTableauに標準で備わっているため設定が不要ですが、(3)は設定が必要なハイライト方法になります。

ハイライトアクションについては、以下のYouTube(1:38から)でも紹介しています。

スポンサーリンク

グラフ選択によるハイライト

ダッシュボード上のグラフの一部を選択してハイライトすることができます。

例えば以下のようなダッシュボードを作成したとします。

Tableauのダッシュボードのサンプル
ダッシュボード上のあるグラフの一部をクリックすると、そのマークだけが濃い色で、それ以外はグレーアウトされて表示されます。
Tableauのダッシュボードでクリックしてハイライト
マウスをドラッグして範囲を選択しても同様のことでできます。
Tableauのダッシュボードでドラッグしてハイライト

CHECK

Tableauでは標準でシート内の選択箇所がハイライトされるようになっています。

凡例でハイライト

ダッシュボード上のあるグラフの凡例で特定の項目を選択すると、関連するマークをハイライトすることができます。

実際の例で紹介します。
ダッシュボード上のある棒グラフの凡例「製品カテゴリー」のひとつ「家具」をクリックすると、それ以外のシートでも「家具」に関する項目のみオレンジ色で、それ以外はグレーアウトされて表示されます。
Tableauのダッシュボードで凡例からハイライト

CHECK

複数シートで共通の凡例がある場合には連動してハイライトできるようになります。

マウス操作で複数シートの連動ハイライト

ハイライトアクション機能を利用して、マウスの操作に対してハイライトする対象、条件を詳細に指定することができます。

実際の例で紹介します。

やってみよう!

マウスを月別グラフのある棒に重ねたらハイライトされて、かつそれと同じカテゴリの項目が円グラフと表でもハイライトされるように設定してみます。
以下のようなイメージです。
Tableauのダッシュボードでマウスを重ねてハイライト

【作成方法】

  1. Tableauのメニューから「ダッシュボード」-「アクション」を選択します。
    Tableauのメニューからアクションを選択
  2. 「アクションの追加」をクリック、リストから「ハイライト」を選択します。
    Tableauでハイライトアクションの追加
  3. 編集画面で条件を指定します。
    ソースシートにはマウス操作の対象になるシートを選定するので、今回は棒グラフの「月別売上」を指定します。ターゲットシートにはマウス操作の結果が反映されるシートを選択するので、今回はすべてのシートにチェックを入れます。アクションの実行対象は「ポイント」を選択します。
    今回はカテゴリで項目を絞り込みたいので、ターゲットのハイライトで「選択したフィールド」を選択して「カテゴリ」にチェックを入れます。
    Tableauのダッシュボードでハイライトアクションを編集
  4. 設定したハイライトができているのでOKをクリックします。
    Tableauでハイライトアクション追加の確認
    これで完成です。
    本ダッシュボードはTableau Publicにも上げています。

【動作確認】

試しにダッシュボードの棒グラフにマウスを重ねてみます。
すると、棒グラフの一部がハイライトされ、円グラフと表の方もカテゴリが「事務用品」のマークがハイライトされました。想定通りの動作になりました。
Tableauのダッシュボードでマウスを重ねてハイライト

本ページでは、Tableauのダッシュボードで動作するアクション機能のひとつ「ハイライトアクション」に関して、使い方と設定方法を紹介しました。

次ページは同じくダッシュボードで動作する「URLアクション」を紹介します。以下をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました