Tableau Desktop 導入 〜MacにTabPyサーバをインストール

データから有用な情報を引出すBIツールのひとつTableauに関連する情報を紹介しています。

本ページでは、MacにAnaconda環境を導入してTabPyサーバをインストールする方法を紹介します。

TabPyサーバをインストールすると、Tableau DesktopからPythonを呼んでデータを処理したり、Tableau PrepでPythonスクリプトを利用してデータを加工したりできます。

TabPyサーバをMacにインストールする前に、まずはPythonをインストールする必要があります。早速やっていきましょう。

1. Pythonのインストール

Pythonのインストールにはいくつかの方法がありますが、複雑な設定が不要なAnacondaをインストールする方法を紹介します。

まずはAnacondaのサイトにアクセスして、個人利用の無料版をダウンロードします。

パッケージをダウンロード、指示に従いインストールします。

2. TabPyのインストール

Pythonがインストールできたら、次はAnacondaの仮想環境を作成してTabpyをインストールします。

ここではpython3.7の利用を明記してtabpyenvという名前の仮想環境を作成します。
(pythonのバージョンは3.7以外の指定も可能です。)

$ conda create -n tabpyenv python=3.7

仮想環境に切り替えます。

$ conda activate tabpyenv
$ conda info -e
# conda environments:
#
base                     /opt/anaconda3
tabpyenv                 *  /opt/anaconda3/envs/tabpyenv

現在の環境にアスタリスクが付いています。指定した環境への切り替えが確認できました。

tabpy-clientとtabpy-serverの2つをインストールします。

$ conda install tabpy-server
$ conda install tabpy-client

Tabpyサーバがインストールされたディレクトリに移動してシェルスクリプトを実行します。

$ cd /opt/anaconda3/pkgs/tabpy-server-0.2-py37_1/lib/python3.7/site-packages/tabpy_server/
$ ./startup.sh
Found existing state.ini
Initializing TabPy...
Done initializing TabPy.
Web service listening on port 9004

ポート番号9004でサービスが開始されたことを確認できればokです。

本ページでは、MacにAnaconda環境を導入してTabPyサーバをインストールする方法を紹介しました。

TabPyサーバをインストールすると、Tableau PrepでPythonスクリプトを利用してデータを加工することができます。以下のページで紹介していますのでぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました