Tableau Desktop 導入(4) 〜複数バージョンのインストールと削除

データから有用な情報を引出すBIツールのひとつTableauに関連する情報を紹介しています。

Tableauのライセンスを購入して利用するTableau Desktopでは、複数のバージョンをインストールして利用することができます。

本ページでは、実際に複数バージョンのTableau Desktopのインストールと削除の方法を紹介します。

スポンサーリンク

複数バージョンのインストール

ここではTableau Desktop2020.4.1が既にインストールされているMacに対して、さらにバージョン2021.4.3をインストールしてみます。

Tableau社のリリースノートにアクセスして2021.4.3をダウンロードします。

CHECK

今回は2021.4.3を選択しましたが、必要に応じたバージョンを選んでインストールすることができます!

ダウンロードしたイメージファイル(.DMG)を開いてパッケージファイル(.PKG)をダブルクリッックします。

インストール画面になるので「続ける」を押して作業を進めます。

インストールが終了すると、Tableau Desktopが自動的に起動してTableauの有効化を確認する画面が現れるので、内容を確認して「登録」ボタンを押します。

これで無事インストールされて、両方のバージョンを利用することができるようになります。

Tableau Desktopの削除

古いバージョンは必要なければ削除します。
例えばバージョン2020.4.1を削除する場合には、「アプリケーション」フォルダのTableau Desktop2020.4.1をゴミ箱へ移動します。

完全にTableau Desktopを削除したい場合には、アプリケーションの削除に加えて以下のように関連するファイルも削除します。
(注)ライブラリを削除するので慎重に行う必要があります!

まず「書類」フォルダの「マイ Tableau レポジトリ」フォルダに移動して、作成したファイルがあれば別フォルダに移動させる等して保存しておきます。
その後「マイ Tableau レポジトリ」フォルダを削除します。

次に「ライブラリ」フォルダの「Preferences」フォルダから「com.tableau」始まりのファイルを全て削除します。

さらに同じく「ライブラリ」フォルダの「Saved Application State」フォルダから「com.tableau」始まりのフォルダを全て削除します。

本ページでは、実際に複数バージョンのTableau Desktopのインストールと削除の方法を紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました