パラメーターを利用したビュー

データから有用な情報を引出すBIツールのひとつTableauの様々な使い方を紹介しています。

Tableauではパラメーターを利用して、ユーザが指定した条件や値で表示内容を切り替える動的なビューを作成することが可能です。

本シリーズではパラメーターの利用例をいくつか紹介していますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク
パラメーターを利用したビュー

Tableau Desktop 使い方 パラメーター(6) 〜集計指標の上位N件のグラフを表示

本ページでは、フィルターとパラメーターを利用して、ある指標に関して上位N件のグラフを表示するチャートの作成方法を紹介します。
パラメーターを利用したビュー

Tableau Desktop 使い方 パラメーター(3) 〜指定した表示順でグラフをソート

パラメーターを利用して、ユーザが指定した表示順でグラフをソートする方法を紹介します。
パラメーターを利用したビュー

Tableau Desktop 使い方 パラメーター(2) 〜リファレンスラインを任意の箇所に設定

パラメーターを利用して、ユーザが任意の位置にリファレンスラインを設定できるチャートの作成方法を紹介します。
パラメーターを利用したビュー

Tableau Desktop 使い方 パラメーター(5) 〜ヒストグラムのビンサイズを探索

Tableauではパラメーター機能を利用してヒストグラムのビンのサイズ(幅)を調整することができます。スーパーストアのデータを利用して、利益のビンの幅を変更可能な注文数のヒストグラムを作成する方法を紹介します。
パラメーターを利用したビュー

Tableau Desktop 使い方 パラメーター(4) 〜チャートの軸の切替

本ページでは、パラメーターを利用して、チャートのディメンション・メジャー・時間の軸を切り替える方法を紹介します。
パラメーターを利用したビュー

Tableau Desktop 使い方 パラメーター(1) 〜指定のグラフをハイライト表示

パラメーターを利用してグラフの一部をハイライトすることによって、強調して表示する方法を紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました